デジカメとWindowsとMacの写真を「同期」する方法

カメラとEye-Fi

11日間のギリシャ旅行から帰ってきて、早一週間。フォルムに一目惚れして購入した「COOLPIX P300」で約2000枚撮った写真を少しずつ整理している今日この頃ですが、(こんなに撮ったのは初めて…!)今日は、私が普段行っている写真の同期方法をご紹介します!

この方法を実践すれば、デジカメ(※1)とWindowsとMac(※2)で写真を完全同期する事が可能です。

※1 …ここで言う「デジカメ」はSDCard挿しっ放しのデジカメを意味し、カード内のデータをPCと同期します。
※2 … WindowsとMacで無くても複数PC間で同期が可能です。

利用するのは、以下の2つのアイテム及びサービス。(Eye-Fiは有料です。SugarSyncは無料で使えます。)

カメラからPCへの画像転送はEye-fiで

ご存知の方も多いかとは思いますが、Eye-Fiとは画像転送機能を持ったSDCardです。

設定しているwi-fiの無線範囲内に入り、かつ、その範囲内に転送対象PCが存在すると、自動的に画像をPCへどんどん転送してくれます!この時、同時にPicasaWebなどの画像管理Webサービスにも画像を転送する事ができます。

私は以下のPro(8GB)を使って、PCとPicasaWebに転送する設定で利用しています。

Eye-Fi Pro 8GB

Eye-Fi Pro 8GB

PRO版は若干値が張りますが、ジオタグ(位置情報)を付与する機能があったり、wi-fi環境が無くても機器同士で直接転送(アドホック転送)できる機能があったりと、何かと機能が多く数千円程度の違いならとこちらを購入しました。

ただ、使ってみての感想ですが、ジオタグはwi-fiを利用したWPS (Wi-Fi Positioning System)を使っていて、GPSのものと比べると若干精度が悪く、(ギリシャで撮影した写真にも、ほとんど付与されていなかった…)また、直接転送機能も旅行中にこれは便利!と思い使ってみたものの、数千枚の写真を順番に一気に転送する仕様となっており、画像が選べない&転送速度が遅いため使い物になりませんでした。(ある特定の画像だけ選択して直接転送できれば、iPhoneに1画像だけ転送して、それをFaceBookにアップする!とか、便利な使い道がいっぱいありそうなのに惜しい所です。)

よって、これから購入を検討している方は、安価版のConnect(4GB)Mobile(8GB)で個人的には十分かと思います。

このEye-Fi、使ってみると予想以上にその便利さを実感できます。写真を撮って、家の中にカメラを置いておけばいつの間にかPCの中に写真が入っています。

  • カードを挿し替えて…
  • データを移動させて…

という二手間が省けるので、ブログやSNSへの写真アップロードが大分、楽ちんに。

ちなみに、Eye-Fiにはエンドレス転送モードという古くなった転送済データを自動削除してくれる機能があるので、一度カメラに入れたら、ずーっと挿しっぱなしでも問題ありません。

PC同士のファイル転送はSugarSyncで

この大変便利なEye-Fiですが、画像転送対象PCは1つだけしか設定できないので、この弱点を「ファイル同期サービス」を利用して補います。

SugarSyncの登場です。

SugarSync

SugarSync

こちらも最近では大変有名ですが、簡単に内容を説明します。

SugarSyncはWEB上にファイル保存スペース(オンラインストレージ)を借りられると共に、複数のPC間で設定したフォルダ内の
ファイルを同期できるWEBサービスです。しかも、2011年9月現在では5GBまでは無料で利用できるという太っ腹ぶりです。

以下のキャプチャ画像の様に、同期対象フォルダを指定してやれば、PCが稼働している時に同期を行いいつの間にか同期が完了しています。

SugarSyncの同期設定

SugarSyncの同期設定

同様のサービスで、DropBoxというサービスがあり、私はこちらも併用して使っています。

DropBox

DropBox

DropBoxも連携サービスが豊富で大変便利ですが、こちらは同期対象フォルダを指定できないのと、(「DropBox」という専用のフォルダのみ、同期対象となります。)2011年9月現在では無料で使える初期容量が2GBという事もあり、「マイピクチャ」フォルダを同期させたい場合は、SugarSyncの方が使い勝手が良いです。

ファイル同期サービスも大変便利なサービスですので、使った事が無い方は、是非とも試してみる事をお勧めします。とても便利でフル活用しているファイル同期サービスですが、最近はSugarSyncもDropBoxも容量オーバー気味で、整理に頭を抱えています。

有料版にするとぐーっと容量は増えますが、年間に5000円~10000円程度の費用が嵩むことになるので悩ましい所ですね。

SugarSyncやDropBoxは、紹介制度による容量増加サービスを行っており、紹介経由で登録をした場合には、紹介した人、紹介された人共に容量が増える仕組みになっています。

この記事を読んで、使ってみようかな~と思った方は、以下の紹介リンクからご登録頂ければ幸いです!(SugarSyncは有料プラン説明画像の右下の方にある、「無料5GBプランはこちら」から登録できます。 ちょっと分かりにくいですね。)

 

【PR】管理人が実際に使っているおすすめのモノ・サービス

hulu
リクルートカード