iTunesを標準機能で手軽にDJっぽくする方法

iTunesについてのTIPSです。iTunesの標準機能を使って、まるでDJがいるかのごとく手軽に曲と曲の切れ目を繋いで再生する方法を説明します。

ちょっと大げさに表現しましたが、やり方はとても単純でかんたん。

iTunesの「環境設定」から「再生」を選択し“曲をクロスフェード”の項目にチェックを入れるだけです。この項目にチェックを入れると、設定した秒数だけ曲をフェードアウトし、同時に次の曲をフェードインして、曲と曲を繋いで再生してくれます。但し、あまり長い秒数を設定すると、曲本来の最後の部分が聞けなくなってしまうので、ご注意を。

iTunes 曲をクロスフェード

曲をクロスフェードにチェック

ちなみに、その下の”サウンドエンハンサー”は音質をはっきりとした音質にする機能です。この項目を設定しておくと、ぼやけてしまっている音をはっきりとした聞き取りやすい音にして再生してくれます。但し、こちらもあまりに高く設定すると、音質がはっきりしすぎて不自然な音質になってしまいます。高すぎず、好みで設定してください。

以上、iTunesを標準機能で手軽にDJっぽくする方法でした。普段、iTunesを使って、BGMとして音楽を聴いている方には非常にオススメな設定です。

是非ともお試しあれ!

【PR】管理人が実際に使っているおすすめのモノ・サービス

hulu
リクルートカード

1 個のコメント