Good Design Award 2014 で個人的にグッと来たデザイン3選

グッドデザイン

2014年度グッドデザイン賞受賞展東京ミッドタウンで開催中です(2014年10月31日〜2014年11月4日)。全部で1200を超える受賞作品の中から、個人的にグッと来たデザインを3つご紹介します。

 

dp Quattro(デジタルカメラ)

 

14G050396_01_880x660 14G050396_02_880x660 14G050396_03_880x660

 

大賞候補にも選ばれている作品です。展示会の第一会場の最後に投票ができますが、私はこのカメラに1票入れてきました。

コンパクトとは逆斜め路線を突き進む、こんな横長なコンデジは初めて見ましたが、実はこの横長のフォルムと大きなレンズの組み合わせが非常に持ちやすく、これまでに無い美しく使いやすい新しいカメラに仕上っています。

 

これまで何処にもない横長フォルムと高性能レンズの構成は実は両手に構えるとしっかりと被写体を捉える事が出来る。(バッテリーが収まっている)右手用のグリップは手にしっかりと馴染む。そして横長の分、背面の液晶モニターが指に邪魔される事がなく、親指で操作する背面の4つのボタンは余裕ある配列で使いやすく美しい。

 

この作品展に行ってシグマという会社を初めて知りました。私はカメラにそこまで詳しく無いですし、カメラ好きの方からすれば色々足りない部分も多いのかもしれませんが、撮影能力だけでなくカメラ自体のデザインや使いやすさまで定義したプロダクトとして捉えれば、かなりイケてるカメラだと思います。

最近はiPhoneのカメラが優秀になってきたので、それこそコンデジを持ち運ぶ機会が少なくなりましたが、こんなカメラだったら、あえて持ち運びたくなりそうです。

 

 

 

鋳物ほうろう両手鍋(両手鍋)

 

14G030189_02_880x660 14G030189_01_880x660 14G030189_03_880x660

 

ハースデザインズという会社が手がける両手鍋です。家庭で本格的なダッチオーブン料理を作る他、プレートも付いていて、万能調理器として様々な料理に活用できます。

 

家庭で気軽に本格的なダッチオーブン料理ができることをメインに、煮る、焼く、揚げる等、幅広い料理が可能な鍋である。

 

鋳物は錆びやすいのが弱点ですが、琺瑯(ホーロー)を全面に施すことで、錆びにくく、簡単な手入れで長く使い続けることができる鍋に仕上っています。

 

鋳物を調理に使用するメリットのひとつに鉄分補給があるが、錆びやすく手入れに手間がかかる。今回の製品は、鋳物の蓄熱性を活かしながら、弱点である錆び防止に、琺瑯を全面に施すことで簡単な手入れで長く使用できる。

 

フラットなデザインがとても美しいと思います。持つ時は2つの鍋つかみが必須ですが、蓋の取り外しは少ない手間で行える設計。加えて、凹凸が少ないので普通の鍋よりも洗いやすく、まさに機能美を体現しているキッチン用品です。

 

特徴的な取手は、従来の両手鍋より上下の取手の間の隙間が広く、蓋の取り外しがスムーズに行える。また凹凸の少ない丸いフォルムなので、清掃が簡単である。

 

こちらの商品はまだ未発売で、2015年2月に発売予定です。あまりフィーチャーされずに会場にもちょこんと置いてあった両手鍋でしたが、個人的にはかなりグッと来ました。

 

 

 

無印良品 しゃもじ置き付き炊飯器・3合(家電)

 

ja01 ja02

 

「キッチン家電シリーズ」として受賞していますが、個人的にはこの炊飯器が最も鮮麗されて素晴らしいデザインだと思います。シンプルで丸みを帯びたデザインは、長く使い続ける事を前提にした愛着のモテる優しいデザインに仕上っています。

しゃもじとの調和も完璧ですね。

 

過度に多機能化した複雑な家電よりも、シンプルな機能でわかりやすく、長く愛着を持って使い続けられる家電が欲しいと言う生活者の声に応えた。

電気ケトルや炊飯器などの「人(身体)」に近い道具は、丸みを帯びた優しいかたちとした。

 

お値段はちょっと高めですが、次に引っ越すときに、真剣に買い換えようかなぁと思っています。力を入れた今年のリリースなので、あと2年位はデザインも変わらないはず。今の炊飯器の方が機能的には多いのですが、どうせ使っていない機能ばかりなので…

ちなみに無印良品は、キッチン家電以外にも、空気清浄機・掛布団・スリッパなど数多くの商品が受賞しています。

 

 

 

以上、Good Design Award 2014 の個人的にグッと来たデザイン3選でした。
かなーり独断と偏見が入っていますので、デザインが好きな方は足を運んで、自分のベスト3を探してみてはいかがでしょうか。

Good Design Award は、正直なところ企業との癒着もあるので「え、なんでこのデザインが受賞してるの!?」と思ってしまうような作品もありますが、本当に素敵なデザインも沢山あります。

キラリと光るデザインを見つけるのも、宝探しみたいで楽しいかもしれません。

 

【PR】管理人が実際に使っているおすすめのモノ・サービス

hulu
リクルートカード