フィード

RSS

無印発信RSS登録は以下からどうぞ!全文フィードで新着情報をもれなく発信しております。

follow us in feedly

※ Googleリーダーサービス終了に伴い、Feedly追加ボタンに変更しました。(詳細は追記参照)

 

RSSフィードって何?

ここでは、せっかくなので少しRSSについてお話します。RSS(アールエスエス)とは、Webサイトの見出しや要約などの「メタデータ」を構造化して記述したXMLベースのフォーマットです。小難しい事を考えず一言で表現すると…サイトの情報を分かりやすく整理してフォーマット化したものがRSSです。RSSと一括りで呼ばれますが、実はRSSのバージョンによって名称が異なっています。(それぞれ記述方法や用途が微妙に違い、若干ややこしいです。)

  • RDF Site Summary(RSS 0.9とRSS 1.0)
  • Rich Site Summary(RSS 0.91)
  • Really Simple Syndication(RSS 2.0)

RSSには、記事のタイトルやコンテンツ情報や構造化されてまとまっています。

このフォーマット化されたRSSファイルを、私たちユーザーがどのように利用できるか?と言いますと、Googleやlivedoorが提供しているRSSリーダーを使う事で、このRSSの情報を更新の度にキャッチして、自動的に新着情報を取得できるようになります。

RSSの仕組み

Webサイトが更新されて新しい情報が加わる度に、RSSリーダーが「自動」で教えてくれるので、わざわざ毎日サイトを確認しなくても、効率的に情報を取得できる仕組みというわけです。RSSリーダーにも多種多様な形式がありますが、最近ではGoogleリーダーやlivedoorリーダーなどの「WEB型」が主流です。

その中でも無印発信管理人がダントツでオススメするのはGoogleリーダーです。
(注:Googleリーダーはサービス終了となりました。詳細は追記参照。)

Googleリーダーはスマートフォンとの連携も秀逸で、iPhoneアプリなどと組み合わせれば、いつでもどこでも、自分が気になっているWEBサイトの新鮮な情報を確認する事ができるようになります。時代の流れとともにWEB上の「情報」は増える一方であり、それらの情報を適切に取捨選択するための情報収集ツールとして、今後も「RSSリーダー」はその価値を増していくと思います。

利用登録は簡単で、Googleリーダーの場合は、Googleアカウントがあればすぐに利用開始する事ができます。

  • Googleリーダー

Googleアカウントにログインしている状態で、以下のボタンを押下して、
その後表示される画面で「登録」ボタンを押下すると、
自分のRSSリーダーに対象のWEBサイトを「購読」登録する事ができます。
※ サービス終了のため追加ボタンを削除

登録後は、購読しているサイトが更新されるたびに、Googleリーダー上に新着情報が表示されます。ものすごく便利で、私にとっては今や生活に無くてはならないツールになっているRSSリーダー。未体験の人はこれを機会に是非一度使ってみて頂けたら幸いです^^


追記です。(2014年2月)

非常に残念ながら、2013年の夏にGoogleリーダーはサービス終了となりました。2014年現在、Googleリーダーに代わるRSSリーダーのスタンダードはFeedlyです。

Feedlyであれば、Googleアカウントで認証が可能なので、そのままGoogleリーダーを使う感覚で利用する事ができます。また、RSS専門でやっているだけあって、画面等も非常に見やすく使いやすい構成になっています。

follow us in feedly

既にFeedlyを利用している方は、上記のボタンからフィードの追加が可能です。