スマートカバーを購入したら、本物のお風呂のフタも欲しくなった

2011-05-08 2022-07-09
雑記
smartcover

iPad2はほぼ自宅で使うし、そもそもケースは無しでいいかなと思っていました。でも結局、お風呂のフタと揶揄されるスマートカバーを買ってしまいました。

最初見た時は「なんだこのお風呂のフタは」と思っていました。自分で買うことは無いだろうと。

smartcover_1
スマートカバー(表)
smartcover_2
スマートカバー(裏)

カラーは部屋のインテリアと最も調和するクリーム色を選びました。素材が革なので、お値段ちょっと高めです。

購入の決め手となったのは、以下の2点。

  • iPad2は、iPadに比べて、もろい。
  • 実演販売で触ってみて、思った以上にiPad2にフィット。

iPadとiPad2のメリット・デメリットのまとめは以下の記事に分かりやすくまとまっています。(リンク切れのため外しました)

  • iPad2のメリットとデメリットまとめ

その中でも特に「壊れやすくなった」は、無視できないポイントなのかなと思います。実際に触ってみて、軽くて薄くてイイ!と思う一方で、何かの拍子にベッドの上から落としたり、気が付かないで踏んづけたりしたら…このまま裸で使い続ける事に不安を覚えました。特に液晶の縁の部分が初代iPadと比べて壊れやすいようなので、液晶部分をさらして使い続けるリスクはある程度高いように思ったのです。

これが購入を思い立った一番のきっかけで、あとはお店で見て最終決定しよう!と思っていました。ビックカメラで実際に触ってみて、その想像以上のフィット感に大変気に入ってしまいました。磁力でくっつく事は知っていましたが、iPad2とまるで一体となっているかのごとく、くっつきます。

smartcover_3
お風呂のフタをiPad2に装着

側面の装着部分はなかなか強い磁石を使っていて、普通に開ける分には、お風呂のフタを開けた時に勢いで一緒に取れちゃう事はありません。開け閉めで自動でiPad2がON/OFFになる機能についても「まぁ別に無くてもいいだろ」と思っていましたが、使ってみたら「最先端」を感じてテンションが上がりました。笑

smartcover_4
スマートカバー(半開き)
smartcover_5
スマートカバーはスタンドにもなる

あと、ビックカメラのポイントが貯まっていたため、ポイントだけで買えた事も購入の後押しとなりました。

お風呂のフタを堪能するため、話題のアプリSmartTubもインストールしました。(無料)

振るとアヒルが増えます。蓋を開けた時の音が妙にリアルです。

smartcover_6
SmartTub

ちなみに、今のアパートに引っ越してからは我が家には(本物の)お風呂のフタがありません。

bathroom
SmartTub

ちょっと前までは寒かったので、湯船を張ることもしばしばありました。そんなとき(本物の)お風呂のフタも欲しいなぁと思っていました。だんだん暖かくなってきた今日この頃。本物の方は当分購入予定ナシですかね。

Share on SNS

あわせて読みたい