きのこの山にしか見えない無印の白磁スタンドライト

きのこの山にしか見えない

本田直之さんの「リラックスするためには蛍光灯を使わず調光器を使って適度な電球色にするのが良い」という言葉を鵜呑みにして間接照明を買いに行ったら、きのこの山にしか見えないスタンドライトが自宅に設置されることになりました。

白磁スタンドライト

白磁スタンドライト

本田直之さんの本「ゆるい生き方」の中で推奨されてた

  • 蛍光灯を使わず
  • 調光器を使って家の中をリラックスできる電球色にしよう

に激しく同意して、家の中に間接照明を置く事にしました。(ブクログレビューはこちら)

今までも家の中は電球色で統一していたのですが、間接照明的なものは今までありませんでした。ベッドで本を読むときに、スタンドライトがあったらいいなと思っていた事も、購入の後押しに。今回は、特にネットで下調べすることもなく、無印良品の有楽町店にふらふら~と行ってみたのですが…なにやら現品処分品を発見。

白磁スタンドライト(現品処分)

白磁スタンドライト(現品処分)

30%オフです。(でも定価は高い)

白磁スタンドライト(現品処分、拡大)

拡大。

無印良品の白磁スタンドライトです。無印良品にはスタンドライトが他にもいくつか取り扱いがありますが、その中でも、最もお値段高いスタンドライトでした。「透光性の高い」白磁を使用しているとの事で、そこにコストがかかっているのかも。

他のライトも検討しましたが、比較してみるとやっぱり白磁のが一番いい味出している…お店の展示家具のそばに持って行って、
自宅のベッドの近くに置いたときのイメージを膨らませたりしながら、店内うろうろして30分くらい悩みましたが、当初の目的である「家をリラックスできる空間にする」を思い出して、ずっと使うものだし!と、思い切ってこいつを購入することにしました。

家に帰って、さっそくセットアップ。置き場所は、ベッドのサイドテーブルです。

白磁スタンドライト置いてみた。(明)

白磁スタンドライト置いてみた。(明)

白磁スタンドライト置いてみた。(暗)

白磁スタンドライト置いてみた。(暗)

なかなかいい感じ。調光器はまだ届いていませんが、本の中でオススメされていたルートロンのクレデンザを注文済です。

調光器:ルートロンのクレデンザ

調光器:ルートロンのクレデンザ

初めて見た時から、きのこの山みたいだなと思っていましたが、家で設置してみて、明かり付けてみたら、きのこの山度は増す一方でした。無印良品のインテリア商品は、そこそこ有名なデザイナーさんがデザインをしているらしいですが、デザイナーの方はきのこの山を意識して作ったとしか思えない位、きのこの山です。

ちなみに、私はたけのこの里の方が圧倒的に好きです。最近チョコが2層になって、より美味しくなりました。

以上、きのこの山にしか見えない無印の白磁スタンドライトの話でした。

【PR】管理人が実際に使っているおすすめのモノ・サービス

hulu
リクルートカード