簿記テキストは「サクッとうかる」シリーズが良書

さくっとうかる簿記

ここ最近会計の知識を身につけるべく簿記の勉強を始めているのですが、参考書について良書を発見したのでエントリーします。

当時使っていたTACのテキスト・トレーニング本を引越しの際に廃品回収に出してしまった事を激しく後悔しつつ、まずは、学生時代に取得した簿記2級の復習から始めよう!と、先日、書店に足を運びました。当時の記憶が少しでも蘇ればと、最初は、以前に使っていたものと全く同じTACの合格テキストを買って復習しようかと思っていたのですが、色々立ち読みしていたら、すごく良さそうな参考書を発見しました。

 

サクッとうかる日商2商業簿記

TACの合格テキストの方が細かい部分まで詳細に記載があり、ボリュームも多くそれはそれでメリットだったりします。

ただ、この「サクッとうかる」シリーズは、コンパクトにまとまっている割には要点がしっかりと抑えられていて、かつ、分かりやすく、なんというか「無駄が無い」と言った感じなんです。現在、1/4程度まで読み進めましたが、イラスト等も理解の助けを促し、なかなか良いペースで復習できています。

他にも有名どころですと「スッキリわかる」シリーズがありますが、逆にこちらは内容がすっきりまとめられすぎていて、ちょっと物足りなさを感じました。(あくまで立ち読みレベルでの個人的な感想ですが)商業簿記編を読破したら、工業簿記編も復習用に購入しようと考えています。

もしも、これから簿記試験の受検を視野に入れている方は、参考書選びの選択肢の1つに、是非ともこの「サクッとうかる」シリーズを入れてみてください。

【PR】管理人が実際に使っているおすすめのモノ・サービス

hulu
リクルートカード

さくっとうかる簿記

1 個のコメント