吉野家で食べる「低コスト・低炭水化物・高タンパク」な牛鍋丼

牛すき鍋丼

吉野家の牛鍋丼は名作だと思います。今日は、私が吉野家で何度注文したか分からない、オススメの注文メニューの組み合わせをご紹介。低コスト、低炭水化物、高タンパクな組み合わせです。

注文メニュー(合計:540円)

  • 牛鍋丼(並) 280円
  • つゆぬき 0円
  • 追っかけ牛鍋豆腐 50円
  • 半熟卵 60円
  • とん汁 150円
注文内容

注文内容

とん汁を注文してしまっているので、全体での値段が若干上がりそうですが、牛鍋丼(並)の280円の安さがそれをカバーし500円台に抑える事に成功しています。低コストです。

白米は大好きですが、低炭水化物を意識し、大盛りを我慢してで注文します。(白米な時点で低炭水化物じゃないじゃん…というツッコミが聞こえてきそうですが)そして、白米の美味しさをしっかり堪能するためつゆぬきで注文します。ちなみに、以前にお腹ペコペコな時に、このサイドメニューで大盛りを頼んだこともありましたが、かなりお腹いっぱいになりました。

サイドメニューの半熟卵牛鍋豆腐が実はとても重要で、これらで現代人がしがちなタンパク質をしっかり補っています。そして、とん汁に入っている野菜で、気持ち、野菜不足を補います。

ただ、とん汁に関しては、栄養面よりも「汁物を一緒に食したい!」という一心で頼んでいるので、不要な人はメニューから除外しても良いと思います。そうすると、全体の値段を390円に抑える事ができます。超低コストです。

牛鍋丼は本当に名作だと思います。松屋派のあなたも、家族ですき家によく行く方も、騙されたと思って是非とも食べてみてください。

【PR】管理人が実際に使っているおすすめのモノ・サービス

hulu
リクルートカード